ドローン
撮影・計測


drone shot

空撮

近年「ドローン」という言葉を頻繁に聞くようになりました。
例えば、ドローン撮影、ドローン測量、ドローン宅配、ドローン調査など。
国土交通省が推進するi-Construction(公共道路工事の3次元プロセス化)により、道路工事の際にドローンによる写真測量の技術をベースにした3次元測量が広がってきています。
私たちはドローンを活用したサービスを展開してまいります。

業務の流れ

ドローン_業務の流れ

国土交通省より
日本全国包括飛行
許可・承認

平成31年11月1日から平成32年10月31日までの1年間、日本全国の人口密集地(DID地区)、夜間飛行、目視外飛行、人又は物件から30m以内の飛行が可能となりました。
これにより、弊社では上記の飛行が都度の国土交通省への申請をせずに行えるようになりました。


活用事例

  • 河川の氾濫や土砂崩れ等、災害現場での現状確認や情報収集
  • 各種イベント撮影(開通式、着工式等)
  • 道路状況撮影、工事状況撮影、各種点検
  • 計測飛行(i-Constructionに準拠)
  • 空撮による3次元データの作成
  • オルソモザイク画像作成